MYPACE JOURNEY!

社会の荒波を生き抜く技術を求めて。ひた走る。

お宝は苦手の仮面を被ってたりするって話

 

こんばんわ、マイペースです!

 

みなさんには苦手な人っています?僕にはいます。苦手な人をカテゴライズしようとしてもなかなかその分け方がしっくりこないのだけど。でもバッサリ人の弱点をついてくる人だったり、自分の実力以上に人に対して批判的な人、僕はなかなか自分から仲良くできないな〜って思ってます(ノ_<。)ほんとはよくないのだけど、人付き合いってなかなかに難しい。。

 

でもやっぱり苦手な意識のある人とも関わった方があなたのためになるとマイペースは思います!確かに自分と似た考えを持ってる友達だったり、古くからの知り合い、家族、恋人たちはあなたにとって居心地のいい人たちでしょう。きっとあなたのことを認めてくれてるし、何を話しても常に楽しい。でもそんな楽しい人間関係だけでいいのだろうか?

 

苦手な人との関わりにはあなたの知らない、が常にある。もしかしたらそれはあなたが知らなくてもいい、と思い込んでることかもしれない。でもそれは本当かな?一歩、自分の殻を抜け出てみたら自分の常識は通用するだろうか。そもそも苦手って自分が理解できる程度の外側にあるモノ・コトだから得体がわからなくて触れたくなくなるのかもしれない。だから自分の姿勢次第で苦手は普通になるかもしれないし、もっともっと触れたら人よりもそれに長ける可能性だってある。結局はそれに当たる頻度の問題ってことはよくある気がする。だから苦手かもって自分が感じたところにはあなたの知らないことが詰まっているし、それはのびしろに他ならない、かも!

 

今日マイペースは苦手(と僕は自覚してるし、相手にもそれが伝わっちゃてる気がする)な人からアドバイスをもらった。その人は多分僕のためを思ってよくアドバイスをくれる。それ自体はありがたく思わなければならないことなんだろうけど、僕もひねくれてるもんで。本当に尊敬できる人からの助言ならすんなり受け入れられるけど、言っても自分も大したことないくせに〜とかって思えてしまうと、その人からの話しに耳を傾けることに抵抗を覚えてしまう。このこと自体は今もそう変わってないと思う。

 

でもふとした時にその人の別の角度から見てみるとまたちがう顔が見えたりもする。そこでその人のいいところを発見できると、あ、この人は本当はこんないいところがあって、そんな素敵な人がくれるアドバイスなら(ジャンルは違うかもしれないが)多分僕のことを思って言ってくれてるんだろう!ってポジティブに考えられるようになる。これ使える!

 

実際今日もらったアドバイスは今まで疑問に思っていた僕の疑問を解決する大きなヒントになった。まだ実践の中で活かしきれてないけど、これは財産になる。言葉は何かを認識するときのヒントになるし、それが経験と結びつけば実力となる。だから人があなたが普段使う言い回しと違う風なことを言っていたら、さっとメモをとって見たらどうだろう?意外と勉強になると思う。

 

てな感じでお得がたくさんあるから苦手な人と関わることは大切だし、避けまくるのはやめよ〜ってお話でした!

 

徒然に書いてみた(⋅⋎⋅)もうちょいだけ早く文章書けるようになるといーなーと目標を高く設定しておく!

 

今日の一歩

苦手な人とも関わってみよ〜

苦手な人はあなたの知らない大切なことをたくさん知ってるから。

厳しい上司は嫌煙される存在かもしれないけど、意外といいことアドバイスしてくれてたりもするかもなんだよね。

親友になれとは言わない!けど、苦手な人から逃げるのも意外と損してるかもだよ?

 

今日はここまで。

それではいい夜を!